ヘッダー

category_archive

顎関節症の症状について【顎の症状は全身の歪みから?】

 

顎関節症の症状は、大きく分けて5つあります。今回は、それらの顎関節症の症状についてご紹介します。これから紹介する症状のうち、ひとつでも該当している場合、顎関節症を発症している可能性があります。

 

まず一つ目に、口を大きく開けることができないという症状。正常な場合、指が縦に3本分入るくらいの大きさを開けることができます。これが、2本しか入らない、もしくは2本入れるのが精一杯といった症状。

これには2通りのパターンがあり、顎関節に異常があり口をに大きく開くことができない場合と、痛みが走り開けることができないという場合があります。また、こういった症状は急に現れることもありますし、日に日に悪化していくということもあります。

 

2つ目の症状は、顎が痛むという症状。顎の関節を中心に、その周辺の神経、筋肉、関節に痛みを発症します。食べ物を食べたり、喋ったり、あくびをしたりといった動作によって痛むのが特徴です。顎を動かしていないのに痛むという場合は、異なる病気を発症している可能性があるか炎症をおこしている可能性があります。

 

3つ目は、かみ合わせの違和感。あごの筋肉や関節に異常があると、あごの動作にも異常をきたし、かみ合わせが悪くなるということがあります。あきらかなかみ合わせの変化を、急に感じるようになったという場合は、顎関節症である可能性があります。

 

4つ目は、口を完全に閉じることが難しいという症状。これは、顎の関節に何らかの異常があるときに起こる症状です。閉じようとしても、上下の歯と歯のあいだに小さな空間ができ、完全に閉じることが難しい症状です。

 

5つ目は、顎を動かすとカクッと音がなるという症状。感覚としては、耳の前あたりで音がなる感じです。他にも、ミシミシといった音がなったり、ピキピキッといった音がなることもあります。この症状は他の症状に比べると比較的軽い症状で、痛みがなく音がなるだけという場合は特に治療の必要がないと言われています。

 

これらの症状が主な顎関節症の症状です。上記の5つの症状のうち、複数当てはまるといった場合は、顎関節症の疑いが強いです。

 

顎関節症は、単に顎だけの問題ではなく、頭蓋骨、背骨、骨盤など全身の体の歪みから発症していることが非常に多いです。

 

阪神今津駅近く西宮のアトラス整骨院では、全身の歪みを正して顎関節症の症状を改善させることを得意としています。お気軽にご相談下さい。

腰椎ヘルニアの原因 

腰椎ヘルニアになったら手術が必要?その原因とは?

腰痛のほとんどが原因不明とされ病名がありませんが、病名が診断できる腰痛の代表的なものが「腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)」です。

椎間板は、背骨の腰のあたりにある、「椎間」の間でクッション材の役割をしています。しかし、何らかの原因で椎間板が変形し、椎間よりも外側に出てしまうと、その部分にある神経を圧迫してしまうのです。すると、シビレや痛みがでてきます。これが「腰椎ヘルニア」です。どんなことが原因で椎間板は飛び出てしまうのでしょうか?

遺伝や姿勢の悪さによって飛び出てしまう!
腰椎ヘルニアを発症してしまうのは、体質であったり、骨格という遺伝的な要素の他に、普段の生活習慣が関係しています。

椎間板には通常の運動でも強い力がかかっています。たとえば座ったり、立っている時に前にかがむだけでも体重の2.5倍ほどの圧力がかかると言われています。ですから、長時間の運転やデスクワークなどずっと座っている動作、重いものを中腰で持ったりすることが多いと、それが引き金となって椎間板が飛び出てしまうのです。

「一度飛び出てしまうと手術しないといけないの?」と思うかもしれません。しかし、腰椎ヘルニアを発症したら即手術というわけではありません。腰椎ヘルニアの治療には「保存療法」と「手術療法」があります。

手術はしない「保存療法」
腰椎ヘルニアと診断されたら、緊急時を除き最初に保存療法が行われます。この療法には主に3つの方法があります。

・痛みに対する治療
消炎鎮痛薬をつかって患部の炎症をしずめ、痛みを抑えます。

・けん引療法
ベルトを使って骨盤を正しい位置に引っ張ります。

・温熱療法
患部を温めて筋肉の緊張をおさえ、血行をよくします。

これらの方法を用いながら数ヶ月様子をみます。それでも改善が見られない場合は手術療法を行います。

ヘルニアを除去する「手術療法」
腰椎ヘルニアは、椎間の間から飛び出てしまった椎間板によって神経が圧迫されることによって痛みやしびれがおきます。手術療法では、原因となっている部分を除去する事によって痛みの原因を取り除きます。

最近では手術法も新たな方法が開発され、以前よりも体に負担のない仕方で手術ができるようになりました。それは、内視鏡と専用の器具を使う方法です。以前は6センチ程切開する必要がありましたが、内視鏡を使うと6ミリほどの切開で手術できます。体にかかる負担はかなり減りました。

腰痛の中でも「腰椎ヘルニア」と診断されるのはごくわずかです。しかし、治療が早ければ手術も必要ないので、腰痛が長引くようであれば早めに医師に相談することをおすすめします。

腰痛と整体について、整体で良くなる腰痛の見分け方

【腰痛】腰痛で仕事に支障が出ているビジネススーツの女性
腰痛がツラつらい・・・。整体で症状が良くなる腰痛の見分け方

「腰痛には整体が一番効く」という人がいるかもしれません。しかし、すべての腰痛に整体が効果的なわけではありません。椎間板ヘルニアに代表される、病院で診察してもらって病名が判明する腰痛、レントゲンや診察をしても病名がわからない腰痛。腰痛にはさまざまな原因や症状があります。中には整体治療では効果のない腰痛もあるのです。

では、どんな腰痛に整体は効果があるのでしょうか?この記事でご紹介しましょう。

体のゆがみが原因の腰痛には効果がある
人の体はうまくバランスがとれていると、力が分散されて特定の筋肉だけに負担がかかることはあまりありません。しかし、悪い姿勢などの生活習慣によって体がゆがむと、一部の筋肉の負担が増えて痛みを引き起こすことがあります。その筋肉が腰周辺にあると、腰痛となります。

こうした腰痛は、じっとしていれば特にひどい痛みを感じることはありません。しかし、仕事をしていたりずっと座ったりしているとじわじわと痛んできます。こうした腰痛には体のゆがみを直してくれる整体は効果的です。

生活に支障をきたすような腰痛は悪化させてしまうことも
腰痛の中には、痛みがひどくて動くことも難しいほどのものがあります。夜に痛みで目が冷めてしまったり、腰から足にかけてしびれや痛みが出てしまい、歩くことができなくなることもあります。そのような痛みは整体では改善されない場合があります。また、経験の浅い整体師が施術すると痛みを悪化させてしまうこともあるので、まず病院で診察してもらうほうが良いでしょう。

腰痛の中にはからだのゆがみが原因でないものもあります。たとえばストレスや内臓の疲労から腰が痛くなることもあります。そうした症状の場合は整体ではあまり効果が見られない可能性があります。

整体は継続しなければゆがみが治らない
整体でからだのゆがみをしっかり治してもらっても、すぐに元に戻ってしまいます。治しては戻り、また治しては戻り・・・。といった繰り返しで徐々にからだを正しい姿勢に戻していく必要があります。ですから、整体に通い始めたときは毎日、または週に数回続けて通うほうが効果的です。自分の症状をしっかりと整体師に伝えてアドバイスをうけるようにしましょう。

すべての腰痛に整体が効果があるわけではありませんが、たいていの場合、症状を和らげることができます。効果が実感できるかどうかにも個人差があるので、自分に合う整体院を見つけたいものですね。